フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< やっぱりNYにつられる? | main | アジア圏は総じて堅調な予想 >>
高利回りの通貨、ペソ
 こんばんは、SUGAです。フィリピン株式市場は昨日18ポイント下落しましたが、
本日は+5.33(+0.16%)ポイントアップして3,294.55ポイントで大引けとなりました。

 NYダウが大幅に上げたことから、本日の日経平均も高く始まりさらに上値を追う
展開となりました。フィリピン株式市場は朝方3,300台を回復しましたが、大引け
では惜しくも3,300ポイント台を上回ることはできませんでした。

PSi07/9/14
出所:bloomberg

 しばらくは、もみ合いながらも上値を目指していきそうな予感がするのは
私だけでしょうか?

 「相場は相場に聞け」という格言もあるとおり、相場の方向性を占うのは
昔から難しいとされています。いつ下がってもおかしくはないという心がけも
忘れてはなりませんね。

 さて、本日もアジア圏の通貨動向の記事を紹介します。フィリピンペソは対ドル
で上がってきているようですね。

【アジア通貨動向(14日)=高利回り通貨のペソとルピアが対ドルで上昇】
 14日午前のアジア通貨市場では、高利回り通貨のフィリピンペソとインドネシア
ルピアが対米ドルで上げ幅を拡大している。その他のアジア通貨は総じて小動き。

 ペソは前日終盤から約0.4%上昇し3週間ぶり高値となる1米ドル=46.3
ペソをつけた。

 ルピアは1米ドル=9380ルピアと、0.20%上昇。1週ぶり高値をつけた。

 マニラのトレーダーは、ペソの上昇について「ドルが軟調になっていることが
主な要因だろう。恐らく、一部でキャリートレードが復活しているとみられる」
と語った。

 さらに「ドルが46.30ペソの水準を超えて下げれば、ドル売りの圧力は
さらに高まるだろう」との見方を示した。

 アジア通貨の中で今年、インドルピーに次いで2番目に好調なパフォーマンス
を示しているペソは、12日以降1.8%近く上昇している。

 米連邦準備理事会(FRB)の利下げは世界的な株高につながり、アジア通貨
にもポジティブとの楽観論が台頭しているが、アナリストの多くは、金融市場の
変動は続くとの警告を発している。

 クレジットクランチと米経済のリセッション懸念から、FRBは来週、
フェデラルファンド(FF)金利を最低25ベーシスポイント引き下げると予想
されている。 

 ドルは通貨バスケットに対し、約15年ぶり安値近辺で推移。市場では、
米住宅市場の問題が実体経済に影響を与えるか手掛かりを探るため、14日発表
予定の8月の米小売売上高が注目されている。

 マレーシアリンギは0.2%高の1米ドル=3.476リンギまで上昇。

 韓国ウォンは一時、1カ月ぶり高値の1米ドル=927.9ウォンまで上昇した
が、韓国財務省当局者がウォンの大幅な上昇には介入する姿勢を示したことから、
930ウォン台に反落している。
ロイター 07/9/14より
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(0) | trackbacks(1)
ブックマークに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.pilipinastock.com/trackback/65
トラックバック
クレジットクランチ
クレジットクランチ プロフィール検索 動画検索 画像検索
| これ知ってる? | 2007/09/19 8:34 PM |
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE