フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
<< 2,500ポイント割れ | main | GDP伸び率はプラスへ >>
インフレに歯止めを
 こんばんは、SUGAです。本日のフィリピン株式市場は前日比19.92ポイント(0.84%)
アップしておりますが、2,393.62ポイントと2,400ポイントを上回ることはできません
でした。

 2,500ポイントを割り込んでからあっさりと2,400のラインまで割り込みましたが、
反発するのにも良い材料が見当たりませんね。

出所:Bloomberg

 さて、本日はインフレ懸念が進むフィリピンに中央銀行が利上げをするという
ニュースが発表されました。

 この結果が明日以降のマーケットにどう反応していくのでしょうか。
気になりますね。
【フィリピン中銀:政策金利を5.75%に引き上げ−2回連続の利上げ】
 フィリピン中央銀行は17日、政策金利を0.5 ポイント引き上げ、5.75%とした。
2回連続の利上げ。輸送費と食料品価格の上昇の影響で、すでに14年ぶりの高水準
にあるインフレ率がさらに押し上げられる恐れに対応した。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト20人を対象にまとめた調査では、4人が
0.5ポイントの利上げ、残りの16人が0.25ポイントの利上げを予想していた。
Bloomberg 08/7/17より
| フィリピン株 NEWS&トピックス | comments(0) | trackbacks(1)
ブックマークに追加する
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.pilipinastock.com/trackback/164
トラックバック
銘柄選定と売買タイミングを明確にご説明
元日興証券・現役ファンドマネージャーが22年の資産運用経験、1,000クライアントを超える資産運用実績のなかで、今も実践している「今井式株式投資法」が遂に一般公開!現在、投資市場はサブプライム問題や円安円高など波乱の連続。しかし、どんな相場でも通用す
| 時給百円未満 | 2008/07/18 7:43 PM |
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE