フィリピン株の道

資産運用の観点から、日本ではマイナーなフィリピン株にクローズアップ。
話題のベトナム株よりフィリピン株は成果をあげられるのか!?現地情報や体験談など織り交ぜて紹介。
証券口座やっとできました!
 こんばんは、SUGAです。本日20日と来週の27日はフィリピンは祝日のため、
株式市場も休場となります。

 先週末の日経平均は大幅に下げましたが、その晩のNYダウが大幅に上げた
ことから、今日の日経平均も一時600円以上値を上げ、最終的には450円高の
大幅高となりました。

 この流れを明日まで引き継いでいけば、フィリピン株式市場の下落にも
ブレーキがかかりそうですね。

 さて、これまでにフィリピンの証券会社へ訪問し、口座開設の体験談をご紹介
してきましたが(参照:これまでの流れ)、お待たせいたしました。
やっと、口座開設の運びとなりました。

 紆余曲折はありながらも、パスポートの認証作業など日本での宿題で、多くの
ことを学ぶことができて良い経験となりました。

 ざっとこれまでの経費を以下に整理してみました。ご参考までに。

・旅費(パックツアーを利用したので、時期により変動があるかと思いますが、
 3泊4日で6〜8万くらいでしょうか)

・公証役場での費用:11,500円
・大使館での認証費用:5,250円
・課税証明費用:400円
・日本での移動、交通費:1,500円くらい
・EMS代:900円

 旅費を除いて約2万円ほどの経費となりました。日本での手間を考えれば
5〜6万円くらいでの手数料で代行してもらっても割安なのかと・・・。

 あとは送金をすれば買付できるようになります。割安感の出てきたフィリピン
株を物色していきたいと思います。
citisecトップ
| フィリピン株口座開設まで | comments(4) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
日本での宿題(フィリピン大使館編)
 こんにちは、SUGAです。前回の公証役場で必要書類のひとつを揃えました。
(参照:公証役場編

 そして、この書類を今度は大使館で認証してもらわなければなりません。
早速、東京の六本木にあるフィリピン大使館へと向かいます。


 館内は多くのフィリピン人でごった返しており、タガログ語が飛び交っています。
スタッフの方も電話に出れないくらいの忙しそうな様子でした。


 目的がパスポートコピーのAuthenticate(認証)でしたので、受付の人へ聞くと
1番窓口へ並びなさいとのことです。ちなみに日本人のスタッフの方と話したい時は、
窓口で「ジャパニーズスタッフ」といえば出てきてくれます。ただし下の写真からも
わかるように業務多忙であまり時間を割いていただくことは難しい状況のようです。
但し書き

 順番が来たので「認証」と伝えると、認証費用を別の窓口で払ってくるようにと
料金の書いた伝票を渡されます。ここでの認証費用は5,250円です。


 料金を払って、また1番窓口へ戻ります。支払伝票を窓口のスタッフに提出すると
「3日後に取りに来てください」と言われ、控えを受け取りました。
これで、3営業日後(土日祝を除く)に出来上がったものを回収して終了します。

 さて、もうひとつ課税証明も用意しなければなりませんので、役所にも向かいます。
ここでは、昨年度の課税証明を発行してもらいました。

 この課税証明は頼めば英文訳での発行も可能とのことで、ためらうことなく
英文訳でお願いしました。料金は日本文と変わらずの400円で済みました。

 ここでふと疑問に思ったのですが、この課税証明にも認証が必要なのだろうか?
という疑問が浮かんできました。しかし、証券会社側ではパスポートコピーに対して
の認証がいるとのことで他の証明書類については何も言っておりませんでした。

 本音を言えばこれ以上コストをかけたくないということもあり、ダメもとで送る
ことにします。何事も勉強です。ダメならまた送り返してもらえばいいだけです
(期間がその分ずれこみますが…)。

【時をすすめて・・・3日後】

 再度フィリピン大使館へ書類を回収に伺いました。例の1番窓口に並び、
少し慣れた風情で伝票の控えを渡し、心待ちにしていた書類を受け取ります。
authentication

 「え!これが認証書類!?」と思うかもしれませんが、疑う余地もなく大使館
で認証して頂いた書類です。先日提出した書類に赤いリボンと表紙をつけて
いただいて5,250円也。中身には各ページごとに割り印が押されてました。

 「文化の違い」というものを再認識させられた瞬間でした。

 何はともかく必要書類は揃えることが出来たので、先日証券会社から書類を返送
してもらっていたのでまとめて返送することにします。郵便局のEMSを使って返送
しました(郵送料900円)。

 はてさて、どうなることやら…。わかり次第公開していきます。
| フィリピン株口座開設まで | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
日本での宿題(公証役場編)
 こんばんは、SUGAです。前回のフィリピンの証券会社でのやりとりから
日本での宿題を持ち帰ることになり(参照:これまでの流れ)、パスポート
コピーにAuthenticate(認証)してもらう必要がありました。

 そこで東京の六本木にあるフィリピン大使館に確認すると、認証してもらう
ためには事前に所定の手続きを踏んだ書類を持参しないと認証してもらえない
ということがわかりました。

 以下、フィリピン大使館での認証手続き案内文より抜粋。
【認証手続きについて】
 「認証」とは日本国内で作成された法的文書を日本国外(フィリピン国内)
で公的に使用するために必要な手続きです。

 申請者は下記に列記したそれぞれの日本の機関で証明を受けた後、フィリピン
共和国大使館で認証を申請してください。

 認証には和文原文およびその英訳(翻訳会社などでされたもの)の両方を
用意する必要があります。

1、公証役場(公証人と法務局長の証明印)
2、外務省証明班(外務省の証明印)
3、フィリピン共和国大使館ビザ課

1、2の手続きが終了した後、認証が必要とされる文書をお持ちください。
受理日は申請日の3日後です。(申請当日、土日は数えません)。
(注意:認証書類とその書類のコピーを1部提出すること)

 前回もご紹介した海外の金融機関での口座開設ガイド本にも説明されてますが、
このパスポートの認証というのは、外国で口座開設をするには避けては通れない
関門となります(各国の金融機関ごとに異なりますので、要確認)。

 これらの手続きを踏まなければ前に進みませんので、公証役場へと向かいます。
公証役場は住所近くの公証役場でかまいません。私は都内在住のため近隣の
公証役場を訪問しました。(参照:日本公証人連合会

 公証役場の方が親切に説明してくれましたが、本来パスポートは公文書なので
公証役場ではパスポートのコピーに対しても認証はしないとのことでした。
 ただし、海外の口座開設などの理由でそのコピーが正しいものだと宣言する
私文書に対して認証するという手続きを説明してくれました。ん〜複雑ですね。

 これは、「外務省が発行したパスポートを持参している日本人ですよ」と宣言
してる書類を公証人の面前で署名して、それに対して公証人と法務局長の証明印
をもらうという、何とも複雑な手続きです。

 また、公証役場でもワンストップサービスといって東京都内、神奈川県内の
公証役場で取り扱う件については、一箇所で完結し法務局や外務省へ行く手間を
省くことができるそうです(参照:私文書(外国向け私署証書)の認証手続き/外務省)。

 ちなみに宣言書というのは定型のものがあるわけではないそうで、公証役場でも
何件か問い合わせがあるのでフォーマットを用意して利用しているとのことでした。
宣言書
 公証役場での手続きは必要書類に記入し、賞味30分くらいですすめてくれます。
認証費用として5,500円、英文訳も必要なので英文表記の書類の加算として6,000円
トータルで11,500円払いました。
宣言書2
 上から、公証人、法務局長、外務省と印鑑が押されております。なんとか必要書類
を添えることができたので大使館へ提出することにします。
 
 続きは「大使館編」でご紹介したいと思います。
| フィリピン株口座開設まで | comments(4) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
いざ参る!フィリピンの証券会社へ(その3)
 こんばんは、SUGAです。今回は、いよいよ証券会社へ訪問となります。
日本からのメールのやりとりで事前に流れを確認し、万全を期した(つもりの)
訪問でした。(参照:これまでの流れ) 

 Citisec社はフィリピン証券取引所と同じビルに入っており、エレベーターで
上階まで昇っていきます。

 フロアにつくとシーンと静まりかえっており、一瞬場所を間違えたのかと
思いましたが、廊下を進んで行くとすぐに入り口を見つけることができました。
citisec1
 オンライン証券なので店舗はないのだろうと日本的な解釈をしていたのですが、
店頭受付窓口が用意されていました。
citisec2
 店頭窓口といっても、事務センターのような位置づけなのでしょう。日本の
証券会社のようにカウンターがあって、投信などを勧める光景は見られません。
 現地の方も口座開設をしに来ている様子は見かけましたが…。

 さて、ここから英会話での口座開設を体験します。もちろん、私の英会話は
会話の7割がボディーランゲージで残りの3割はメールのやりとりで覚えた単語
を駆使します。

 受付の奥から男性社員が出てきて対応してくれました。彼はフィリピンの
ネイティブイングリッシュで説明してくれるので、ヒアリングだけで通常の倍の
時間がかったと思います。

 しかし彼は、私の執拗な聞き返しに嫌な顔ひとつ見せることなく、日本からの
来客に対して熱心に書類の記入方法を教えてくれました。とても好印象です。

 書類の記入がある程度まで仕上がると、本人確認書類の提示を促されたので、
パスポートを提出しました。すると奥へ行ってコピーをとってくれました。
私もそれで完了だと思ってたのが、迂闊でした。

 彼、いわくパスポートのコピーにはAuthenticateが必要だと言うのです。
au・then・ti・cate
[動](他)…が真正の物[本物, 信頼できる物]であることを証明[確証]する
引用:プログレッシブ英和中辞典より
一瞬、「へ?何のこと?」と思いましたが、このパスポートのコピーが
「本物ですよ」ということを証明するためにフィリピン大使館の押印が必要
とのことでした。

 確かメールのやりとりでそんな一文も見かけたなと瞬時に悟り、プリント
アウトして持参したメールの内容を再度確認します。
2. You can use other government issued identification documents
to establish an account but they must be authenticated and
stamped by the Philippine Embassy in Tokyo.
(以下、YAHOO翻訳)
2. あなたは口座を確立するために他の政府出された識別文書を使うことが
できます、しかし、彼らは認証されなければならなくて、東京のフィリピンの
大使館のそばで印を押されなければなりません。
 私は、この一文からパスポート以外の他の代替案として「認証された
ものを持参しなさい」と理解していたため、もちろん用意しておりません。

 そもそも、日本の外務省が発行しているパスポートに何でそこまでする必要が
あるのだろうか?とも思いました。また、YAHOO翻訳を都合よく理解していた自分を
猛省しながら、「せっかくフィリピンまで足を運んで門前払いか?」と落胆して
いました。

 ところが、彼は「後で送り返してくれればいいよ」と行ってくれたので、なんとか
ひと安心することが出来ました。

 それと「課税証明か源泉徴収票などの書類も一緒にね」ということでした。
「郷に入っては郷に従え」そんな言葉が私の脳裏をよぎり、日本にもどってから
書類を用意することにしました。

 とりあえずは、今できることだけ済ませようと、HP上の画面操作なども簡単に
聞いておきます。
citisec3
「日本語表示されてれば便利なのになぁ…」と思いながら、画面操作を教わりました。

 かれこれ、証券会社内に1時間以上はいたと思います。最後まで親切に教えて
くれた彼にお礼を伝えて退出しました。

 結果、日本での宿題を持ち帰ることになり、現地での口座開設も簡単にはいかない
のものだとハードルの高さを感じました。

 皆さんもこの私の体験談を、今後の参考にしていただければと思います。
フィリピン株の口座を既に作られている日本人の方がいらっしゃいましたら、
面白い情報などもお待ちしております。

 その後の日本での宿題については、改めてご紹介してゆきたいと思います。
| フィリピン株口座開設まで | comments(6) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
いざ参る!フィリピンの証券会社へ(その2)
 フィリピン株投資にご興味ある皆さま、こんばんはSUGAです。
前回フィリピンの証券会社と口座開設にあたりメールでのやりとりを紹介しましたが
(参照:いざ参る!フィリピンの証券会社へ)、今回はその続きとなります。

 フィリピン株投資にあたり証券会社側での基本概略はつかんだので、最終確認
として以下の質問メールを送りました。前回同様、日本文だけ先に作りYahoo翻訳で
英訳して送りました。
返信ありがとうございます。 貴社の対応に感謝しています。
それでは、追加で質問します。
質問1.Php 25,000の入金は、口座開設時に必要か?後日、日本から送金が
できますか?
質問2.教えてください。貴社での口座開設はパスポートだけでいいのか?
質問3.私は銀行口座の必要書類を理解した。銀行で口座を開いてから、
貴社で口座開設をするという流れでいいか?
質問4.PNB Tokyo branchにも問い合わせてみたところ、Php 25,000
(500US$)の入金がいると言われた。この金額と別に貴社ではPhp 25,000以上
必要ですね?
また、ドル預金口座しか作れないと言われてるが、問題ないか?
以上、教えてください。
 質問3と4は、銀行口座もフィリピン国内で作るものと勝手に思い込んで
いたため、事前に東京にあるPNB(フィリピンナショナルバンク)に電話で
問い合わせており、その件についても確認してみました。

 この質問に対してCitisec社からの返答が下記の文章となります。
Good Day Mr. ○○,Here are the answers to your questions:

1. Yes. Receipt of money of Php 25,000 is necessary at
the time of account establishment.
Yes, remittance is possible from Japan.

2. You can use other government issued identification documents
to establish an account but they must be authenticated and
stamped by the Philippine Embassy in Tokyo.

Your other questions will be answered when you visit our office,
specifically questions number 3 and 4.

Thank you and have a nice day!
CitisecOnline.com, Inc.
 今や私の右腕となりつつあるYahoo翻訳を使い、和訳すると以下のように
なります。
良い日○○氏、あなたの質問に対する答えは、ここにあります:

1. はい。Php 25,000のお金の受領は、顧客主流派の時点で必要です。
はい、送金は日本から可能です。

2. あなたは口座を確立するために他の政府出された識別文書を使うことが
できます、しかし、彼らは認証されなければならなくて、東京のフィリピンの
大使館のそばで印を押されなければなりません。

あなたが我々のオフィス、特に質問ナンバー3と4を訪問するとき、あなたの
他の質問は答えられます。

ありがとうそして、楽しい日を過ごしてください!
CitisecOnline.com社
 前回もご紹介していた通り、私は証券口座の他に銀行の口座を作る必要が
あるものと思いこんでたため、上記のような質問をしていました。
 
 しかし、返信文にあるように証券会社では「来た時に説明するよ」とのことで
明確な答えがありませんでした。

 結論を言ってしまいますと、「証券口座を開設した後に、日本からの送金は
どの銀行を使っても(送金手数料は銀行ごとの手数料体系となりますが…)
Citisec側の振込先銀行に送金できるよ」ということでした。

 このメールでのやりとりから、「なんとかできそうだな…?」と言語の不安を
覚えつつも証券会社へ訪れることにしました。
PSE center in pasig-3
 ちなみにCitisec社はフィリピン証券取引所(Pasig City)の入っているビルと
同じビル内にあります。
 続きはその3で…。
| フィリピン株口座開設まで | comments(2) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
いざ参る!フィリピンの証券会社へ
 こんにちは、SUGAです。先日フィリピンを訪れた最大の目的は、証券口座の
開設まで済ませてしまおうという目的がありました。フィリピン株への投資ために、
避けては通れない関門です。

 そこで出発前に日本から、現地の証券会社何社かにメールで質問しました。
いくつかの問いかけをして、それに対してレスポンスの早いところで口座を開設
しようと考えていたのです。

 もちろん、私は英語が堪能なわけでなく、英作文自体も学生依頼しておりません。
ちなみに得意科目は英語でしたが、今振り返れば英文法を暗記していればテストで
いい結果を残せていたに過ぎません…。そんなレベルです。

 しかし、最近は便利なもので翻訳サイトを使えば、日本語の文章を英文に直して
くれます。所々で意味がずれることがあるので微調整しなければなりませんが…。

 そのような形で英作した文章で、各証券会社とメールでのやりとりをした結果、
Citiseconline.com,Inc.というオンライン証券会社に絞り込みました。
この会社は最後まで中学生レベルの英作文に対して、親身に回答してくれた
証券会社でした。

 お恥ずかしながら、実際にメールでやりとりをした内容を公開したいと思います。
以下の質問文を翻訳サイトへ入力し、英訳に変換します。
私は日本の個人投資家の○○です。
いくつか質問します。
質問1.口座開設にデポジット(最低の入金)が必要か?
質問2.口座管理料(口座維持費)がいるのか?
質問3.銀行口座開設も貴社で同時にできないか?
質問4.(私は非居住者だが、外国人は制限があると聞いたことがある)銀行口座
開設には、パスポートだけでいいのか?
質問5.株式の配当金受取方法は証券会社で代行し、自分の口座にいれて
もらえるか?
質問6.株式の増資なども証券会社で代行し、自分の口座に保管してもらえるか?
以上、教えてください。
なお、同様のメールを何社かにも出しており、比較検討中です。
英語があまり話せないので、日本人にもわかりやすいサービスを提供して
くれる証券会社を選びたいと思う。

YAHOO翻訳などを使えば、一発で英語に変換してくれます。
それをコピー&ペーストして証券会社へ送り、何社かとやりとりをした中で、
citicseconlin.comからは次のような回答をもらいました。
続きを読む >>
| フィリピン株口座開設まで | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
フィリピン証券取引所(inマカティ)を見学
 フィリピンの証券取引所(The PSE Plaza in Makati)も見学してきました。

 JETROによった帰り道、歩いて数分のところにあり、入館するにもアポがいる
のかと思っていました。が、観光客っぽく緊張した面持ちで見学したいと伝える
とすんなりと中に入れました。
フィリピン証券取引所
ちょうどお昼休みの時間帯なのでしょうか、取引所で働く人たちもチラホラ
といったところです。
PSE見学2

PSE見学3
↓こちらは動画でもご覧になれます(※音が出ます)。

 見学室の入り口脇には、ショーケースがあり証券取引所グッズがさびしく
飾られています。ありがちな、ストラップ、キーホルダー、Tシャツ、帽子?
などもありました。なかでも目を引いたのが、「The Philippine stock Market」
という冊子でガイドブックなのかと思い、1冊買ってみることにしました。
PSE見学4
そばにいた職員の方にこれが欲しいと伝えると別室へ案内されました。
するとフィリピンのキャリアウーマン風お姉さん?が出てきました。
PSE見学5
 先ほどの本と、上場企業の一覧(四季報)のようなものがないか催促してみると
レポートのようなものを見せてくれたので、コピーをとらせてもらいました。
もちろん、すべて英語表記ですので詳細はわかりません。あくまで一覧がほしかった
だけですので…。お姉さんも、このずうずうしい日本人にいやな顔みせること
なく終始笑顔で対応してくれたのが好印象でした。

 デスク脇に飾られてた写真は、よく見ればアロヨ大統領でした(向かって左)。
先日も日本へ来日されたアロヨ大統領ですが(参照:WBSでアロヨ大統領が
強気発言!
)、女性ファンも多いのですね…。
アロヨ大統領 フィリピン
| フィリピン株口座開設まで | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
フィリピンの証券会社
こんにちはSUGAです。
 本日は、フィリピン株を扱う現地の証券会社をご紹介します。
私も現状はネットを使っての情報収集がメインとなりますので、ご紹介しきれない
ところもあると思います。
 他にもご存知の方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
AB CAPITAL SECURITIES, INC.
BPI Securities Corporation
CitisecOnline.com, Inc.
Yapstere-Trade, Inc.
RCBC Securities, Inc.
引用:アジア株−フィリピン

 フィリピン株を扱う証券会社にも、いろいろなカラーがあって面白いと思います。
すべて英語表記ですが、最近はネット上での翻訳ソフトなども充実してます。
参照:エキサイト翻訳)お時間のある時に翻訳しながら各サイトをのぞいてみるのも
面白いかもしれませんね?(直訳ですけど…)
続きを読む >>
| フィリピン株口座開設まで | comments(2) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
フィリピン株を買える証券会社
こんにちは、SUGAです。

 フィリピン株を実際に売買できる証券会社をネットで検索してみると
候補に挙がったのが、BOOM証券という香港のネット証券でした。

 HSBC銀行の口座開設とセットになって口座開設サポートをしている
会社もありましたのでサポート料金を含めて下記にご紹介します。
PALCOM(22,000円)
蝪稗藤(52,500円)
晋陽FP事務所(29,000円)

 各サポート会社により、手続き方法も若干異なりますので興味のある方は
HPをのぞいてみてはいかがでしょう?

 また、日本のアイザワ証券でも銘柄が限定(7銘柄のみ)されているものの、
取引可能です。こちらはフィリピン株全般を投資対象としたい方には少し
物足りないかもしれませんね。

(PR)香港に口座を開設して世界に投資しよう
| フィリピン株口座開設まで | comments(0) | trackbacks(0)
ブックマークに追加する
提供: ja.exchange-rates.org
メニュー
携帯からもご覧になれます http://pilipinastock.com/
qrcode
最近の記事
過去の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
お問い合わせ
皆様からの情報、お問い合わせもお待ちしております。
  • お問い合わせはこちらから
  • P R
    P R
    P R
    By Amazon
    リンク
    PROFILE